Sponsored Link





Sponsored Link






Sponsored Link







コペンの車検費用について紹介します。

初回車検(購入後3年目)  車検2回目(購入後5年目)  車検3回目(購入後7年目)  車検4回目(購入後9年目)



Sponsored Link



コペン購入後9年目 4回目の車検の整備内容・車検費用を紹介します。

コペンガレージ サイトマップ

コペンの走行距離

コペン4回目の車検を実施しました。

コペンの4回目の車検を平成25年1月に実施しました。(正確には平成24年の12月に実施しています。)走行距離は94000kmとなり、前回の車検から14000km走行しました。走行距離的には、10万km近くなり、この走行距離は各所消耗品の交換時期の指標ともなっており、これからは、メンテナンスにかかる費用の懸念も出てくる時期になります。今回のコペンの車検では、トータルで85000円程度となりました。その整備内容と費用を紹介していきます。

実際にかかる費用はお店ごとの定められた点検費用や補修内容によって変わってきますので、参考程度にご覧いただきますようお願いいたします。

コペン4回目の車検費用の内訳を下記に紹介します。

コペン H16年式 LA-L880K 走行距離94000km
作業内容内訳 諸経費(技術料 / 部品代)
車検整備 13800
日常点検 2000
保安確認検査 5000
シビアコンディション点検) 2000
エアクリーナー清掃 -
エンジンオイル交換 (今回サービス) -
スパークプラグ交換 1757 / 7200
ブレーキフルード交換 1800 / 1500
リア ハブベアリング交換(インナ アウター) 11178 / 3380
ワイパーゴム交換 ウォッシャー液交換 その他 2080
会員割引 -5000
その他の費用(灰色枠は必須)
自賠責保険 24ヶ月分 21970
重量税 6600
印紙代 1100
代行手数料 7000
リサイクル料金 初回車検時納入済
合計(消費税込) 85829


コペンの車検で実施した内容の詳細

コペン リアハブベアリング交換

コペン リア ハブベアリング交換実施

コペン購入から初めて駆動系での部品交換となりました。実施した箇所は、リア駆動のハブベアリングになります。駆動軸が回転した際に音を発していたとの事で交換となりました。状態としては、ベアリングの内部に封入されているグリースが経年により、枯渇してきており、潤滑不足になっていたとの事で、末期状態ではありませんでしたが、交換の必要性ありとの事で交換に至りました。交換時期は、乗り方にもよりますが、一般的に10万km程度のようです。交換工賃は、技術料が11000円程度、部品代は3500円程度でした。

スパークプラグ交換

スパークプラグの交換

スパークプラグの交換を実施しました。コペンは4気筒エンジンなので、4本全数交換しました。スパークプラグは特に焼け方が気になっていた箇所でした。私のコペンはDスポのECU装着車+燃調調整を実施しており、燃焼温度が変わってきている可能性がありました。通常良好な燃焼状態では、プラグの先端は黒〜茶程度の色になりますが、プラグ先端が白く焼けていると燃焼温度が高く、燃調に不具合などがあり、この状態はかなり危険になりますが、実際に外した焼け具合は良好な範囲でした。また、プラグ自体の経年劣化が見られた事もあり、今回交換に至りました。スパークプラグの交換時期は80000km程度が一般的のようです。

コペンの車検を終えて...

4回目の車検を終えて...

今回の車検で大きな交換・補修箇所としては、リアハブベアリングとスパークプラグとなりました。しかしながら、走行距離は10万km目前、コペン購入から9年経過しており、これからはメンテナンスがメインとなってきそうです。乗り換えも少々考えた時期もありますが、コペンは手放せず、大事に長く乗ることは経費削減にもなるため、このまま快適に乗れる間は乗り続けようと思っております。必要な箇所は小まめに手入れをし、愛着を持ってコペンライフを楽しもうと考えております。今年度は、コペンにかかる費用を捻出しながら、不安な箇所をピックアップしてひとつずつ補修をしていこうと考えております。

Sponsored Link     

ページの先頭へ戻る          HOME